コヨリ

心が寄り合う経営の仕組みをつくる

お知らせ

12月20日 新しいリーフレットが出来あがりました。

CO-YOLIへ込めた想い

CO-YOLI 代表 雅楽川陽子

CO-YOLIはコヨリと読みます。
「心が寄り添い合う経営の仕組みをつくる」という気持ちで名付けました。

CO-YOLIが生まれるまで

雅楽川陽子写真私は29歳のとき、「有限会社COCO-LO」という訪問看護の会社を立ち上げ、デイサービス施設やリハビリに特化したフィットネスジムなど、介護をテーマに幅広く事業を営んできました。
創業時から、人材不足や資金繰りなど、経営における緊迫した課題に直面したことは数え切れません。また、介護の現場は女性職場です。結婚、子育て、家事、介護など女性の人生は仕事以外にやらなければいけないことがたくさんあります。そこで、彼女たちの声を聞き、彼女たちが働きやすい、さまざまな仕組みや制度をつくり上げてきました。
COCO-LO独自の仕組みや制度は、内閣府や厚生労働省、経済産業省、中小企業庁などから、多くの賞をいただきました。「そのノウハウを教えて欲しい」と、全国各地から講演会の依頼も多数寄せられています。
2019年にはCOCO-LOの取り組みをまとめたビジネス本『働きやすさを本気で考えたら、会社の売上が5倍になりました〜女性9割・子育てスタッフ6割で実現する働き方改革〜』(同文舘出版)を発刊しました。それを機に、「働く環境づくりで困っている経営者様の力になりたい」「私と同じように売上を上げなければと辛くもがいたり、雇用が続かず人間不信になったりと、人が関わる経営で悩んでいる方のお役に立ちたい」という思いからコンサルティング事業「CO-YOLI」をスタートいたしました。

会社の仕組みのつくり方

私のもう一つの顔は作業療法士です。作業療法士とは、心と体のリハビリをする国家資格です。体や行動に不自由な面があっても、どうすれば自立に近づける生活を送れるのかをサポートするのが得意です。
言葉で人の心を動かすというとおこがましいですが、こうなって、ああなって、そうなるという、その人が動くまでの経過を考えて、どのようなサポートをすると結果が出せるのかを常に考えています。
例えば、片麻痺で手が思うように動かない人がいたとします。その方から、「一人で洋服を着られるようになりたい」という要望があった場合、まず洋服の機能を考えます。袖口が狭くないか、被りのタイプか前開きのタイプか、など着やすい機能と着づらいものとを判別します。
次に、その方の手はどこまで動くのかを確認します。腕は上がるのか、痛みはないのかと手の機能について考えます。
さらに、手伝ってくれる家族がいるのか、家族はどのように思っているのかなど、関わってくださる方の関係を確認します。
それらを総合的に判断して、洋服を着られるようになるには手の機能を改善するだけではなく、洋服の機能を改善する、環境を改善することなどをプログラムとして組み込んでいきます。これが“仕組み”です。
会社の仕組みづくりも同じです。働く人がどのような状況に置かれ、経営者様はどのような考えを持ち、何に困っているのだろうということを様々な角度から考えて判断します。同じような問題でも、組織が違えば、人も違うのですから、答えは一つではありません。その会社らしい答えを一緒に見つけていきます。
それは自分たちでつくり上げるオリジナルな仕組みなので、従業員の帰属意識が高まり、より良くしよう、よりいい仕事をしようというきっかけづくりにも、つながります。
また、働きやすい環境が整うと、気持ちが安定する。気持ちが安定すると仕事に集中できる、そんな良い循環が生まれます。仕組みとは、お互いに気持ちの良い環境で働くためにつくられるもの。仕組みづくりを通じて、経営者様や多くの方々のお役に立つことが私の使命だと考えています。

CO-YOLIと共に
オンリーワンの働き方改革

CO-YOLIは、私が取り組んできたCOCO-LOの経営のノウハウを生かし、貴社にとってオンリーワンの仕組みをつくるお手伝いをさせていただきます。仕組みづくりには時間がかかります。目安としては短くても9ヶ月程度。しかし、ご希望にあわせて期間を短縮することもできますので、気軽にご相談ください。
また、会社全体の仕組みづくりに取り組む前に、部署ごとに小さな講習会をひらいて、働く人の意識を高めるのもいいでしょう。CO-YOLIでは目的に合わせた小規模な体験型講習会の依頼も承っています。「働き方改革が重要視されているが、何から取りかかればいいかわからない」という経営者様には、こちらをお勧めします。
経営者様が困惑している組織改革について、人材の困ったについて、CO-YOLIにお聞かせください。
「人がすぐに辞めてしまう」「スタッフ同士の派閥ができて生産性が落ちている」「やる気はあるけど空回りするスタッフの成長をどう支援すれば良いのか」「わがまま言いたい放題のスタッフの状況に困り果てている」「妊娠出産を控えるスタッフがいるが不在時の体制はどうすればいいのか」「子育てのために短時間で働きたいと言われているがどう対応したらいいのか」など。
経営において、人材の困ったに終わりはありません。ひとりで抱えこまず、ぜひご相談ください。しっかりとヒアリングし、私が実践してきた方法を包み隠さずお話しします。また、お話の中から、貴社の働き方がより良くなるヒントを一緒に見つけていきましょう。

会社概要

設立年月日 : 2005年 5月9日
本社所在地 : 〒376-0011群馬県桐生市相生町2丁目261-3
代表取締役 : 雅樂川 陽子 (うたがわ ようこ)
ス タ ッ フ : 102名(2019年9月現在)
ココロについて

COCO-LO働き方改革の受賞歴

2009年 「群馬県育児いきいき参加企業」群馬県知事賞(県初)
2010年 厚生労働省「くるみんマーク」取得( 北関東中小企業初)
日本生産性本部「ワークライフバランス大賞」優秀賞
2011年 厚生労働省「均等・両立推進企業表彰」
ファミリー・フレンドリー企業部門 群馬労働局長優良賞(県初)
2012年 内閣府「第1回カエルの星」認定(全国初)
2013年 厚生労働省「キャリア支援企業表彰2013」厚生労働大臣表彰
内閣府「子どもと家族 若者応援団表彰」特命大臣表彰
中小企業庁「がんばる中小企業・小規模事業者300社」
2014年 経済産業省「ダイバーシティ経営企業100 選」選定(県初)
2014年 経済産業省「ダイバーシティ経営企業100 選」選定(県初)
厚生労働省「均等・両立推進企業表彰」
ファミリー・フレンドリー企業部門 厚生労働大臣優良賞(県初)
厚生労働省「イクメン企業アワード2013」特別奨励賞(県初)
2015年 内閣府「平成27 年度女性のチャレンジ賞」(雅樂川)(県初)
経済産業省「攻めのIT 経営中小企業100」選定(県初)
厚生労働省「平成27 年度パートタイム労働者活躍推進企業表彰」優良賞
2016年 厚生労働省「プラチナくるみんマーク」取得(県初)
厚生労働省「グッドキャリア企業アワード2016」大賞(県初)
2017年 群馬県「いきいきG カンパニー」知事賞
ポスター